Shortcut to main menu
Shortcut to text

ノリとキムチ、またサワラ

ノリ、キムチ、サワラのハーモニー、口の中でとろけるようなサワラの刺身

青山島の近海で捕れるサワラは9月から11月までが最も味が良い時期である。 サワラは大きさに比べてせっかちな性格のせいで捕られると直ちに死んでしまう。そして新鮮なサワラを5~6時間冷蔵熟成して鮮魚の状態に食べるが、厚い魚肉の柔らかさは口の中でとろけるという表現にぴったり合う。莞島の特産品のノリにたれをつけたサワラを入れた後、古漬けのキムチを追加すると莞島式のサワラ・サム(=包み)が完成させる。 莞島の人々はここにご飯を一緒に入れて包んで食べるが、とろけるようなサワラと非常によく似合う食べ合わせだ。健康に良い食事にもなり、お酒のつまみにも良く合う。

家族の健康に良い、海のプレゼント

  • 김과 김치에 싸먹는 삼치회
  • 삼치회와 감장,김이 놓여있는 상
  • 삼치회 한상

鮮魚は水族館に入らず直ちに血を抜けて冷蔵させるために魚固有の弾力が維持される。むしろ活魚よりもっと新鮮だと言える。また、オメガ3脂肪酸とビタミンDがサバより2倍以上高いので育ち盛りの子供の成長にも良いし、不飽和脂肪酸は高齢者の血管疾患予防にも効果がある。

Restaurant For サワラ料理

more+

담당
담당자명
Update :
2016.12.30
Conter :
693

TOP