Shortcut to main menu
Shortcut to text

自然そのままの海洋文化体験キル

新智鳴沙ゲッギル

新智鳴沙ゲッギルは自然そのままの道で景観が華やかで韓国海洋文化などが体験できる歩行可能な海岸道として全国の地方自治団体で申請した168つの道の中で海岸ヌリキルとして指定された。2005年に完工された新智大橋によってさらに便利に新智島を往来できるようになった。鬱蒼とした森の道と美しい海岸の道を歩いていると心身がヒーリングされる。

旅行コース

신지명사갯길 탐방안내도

新智の主要観光地

新智大橋

2005年に完工されて莞島邑と新智島を繋いでくれる新智大橋は夜景が美しい。

ムルハテ浦

莞島-新智島を行き来する船が出入りした思い出の浦。新智大橋が建設された後、現在は民家と養殖場の一部だけが残っている。ムルハテ・モンドル海辺から聞こえる波の音が美しい。

ソボンガク灯台

莞島港を出入りする船員の道しるべになってくれた無人灯台。80年代初に橫看島・武装スパイ船浸透事件以後に灯台守と戦警が勤務したが、現在は白い灯台だけが残っている秘境

鳴沙十里・海水浴場

4kmに達する銀色の白浜。砂が柔らかくて傾斜が緩やかである。水深が浅いので家族連れ海水浴場として持ってこいだ。「鳴沙」という名称に対して「泣く砂」或は「きれいな砂」という設がある。

オートキャンプ場

鳴沙十里・海水浴場の付近にある約2,6000㎡敷地に造成された自動車キャンプ場。オートキャンプ空間53面、宿泊及び炊事などが可能なカラバン空間20面が造成されている。

李匡師・流配地

18世紀に朝鮮の名筆であり、東國眞体を完成して、隣にある海南の大興寺大雄殿の扁額を書いた李匡師先生が粛宗の時にこちら新智面大谷里で配流された。

新智抗日運動記念公園

新智面大谷里に造成された抗日運動記念公園、新智面出身のイム・ジェガプ、チャン・ソクチョン先生の功績を称えるために記念塔周辺を公園に造成した。駐車場、散策路などアメニティーを備えている。

アオサギ生息地

新智面ガイン里にあるアオサギ生息地。アオサギが生息する様子は美しいが排泄物のせいで松が被害を受けているので両面性が今なお残っている。

東古里海水浴場&松林

鬱蒼した松林が白浜と調和した自然景観が絶景。真夏にも襟を正すほどに涼しい。平和で静かな風景の避暑地、隣に岩の絶壁がある。

담당
담당자명
Update :
2017.01.02
Conter :
586

TOP