Shortcut to main menu
Shortcut to text

孤山・尹善道の遺跡を抱いている山、格紫峰

甫吉島は、一つの大きな自然公園である。 東西12km、南北8kmで15つの付属島嶼を抱えて、多島海海上国立公園の隠しておいた宝石として残っている島だ。 その中心には赤紫峰(425m)がある。赤紫峰という名は山自体が常緑闊葉樹になっており、日差しが降り注ぐと木の葉が日差しを反射して山が赤く見えるといって名付けられた。赤紫峰を中心に廣大峰311m、望月峰350mが丸く円を描くように広がっており、内側には孤山・尹善道の謫居址だった芙蓉洞がある。 

旅行コース

격자봉코스안내지도로 자세한 내용은 하단내용 참조
  • 第1コース : 亭子里・古宅→ 南誾寺 → ポレキジェ → 格紫峰頂上 → クンギルジェ → 東山
  • 第2コース : 洗然亭 → 甫吉小学校 → 芙蓉里事務所 → 曲水堂 → 樂書祭 → サンシンタンゴル → 格紫峰頂上

その他のコース

禮松里 → クンギルジェ → 守理峰 → 赤紫峰 → 425峰 → ポレキジェ → 望月峰 → ソンチャン里

韓国で最も美しい海辺の中で一つである禮松里村の後ろの方から出発する。こちらは樂書祭の上り道のように森が鬱蒼している。木を眺めながら約30分間登っていくとクンギルジェが現れる。望月峰の稜線は短いが所々に岩があって左右に海を眺めながら望月峰に行くことができる。望月峰に到着すると美しい多島海が見られる。

ボオク里 → ポレキジェ → 425峰→ ヌルクパウィ(=麹岩) → 頂上 → 守理峰 → クンギルジェ → 樂書祭

この道は最近に入って登山家らから脚光を浴びはじめた道だ。芙蓉洞の反対から始まるこの道は海辺を挟んでいる美しい海岸道路に沿ってボオク里 に到着してボジュク山を登攀してから村の後ろにある谷間に入ると登山が始まる。ボジュク山は国立地理院が使用する公式的な名称だが、こちらの人々は今もピョチョク山と呼ぶ。峰はやや低いが傾斜が急で頂上まで木のトンネルに続いている。滝のように流れ落ちる汗と共に息を切らすと頂上から吹いてくる涼しい風が皆さんを迎てくる。

ボジュク山の登攀を終えて村の真ん中にある道を通じて小道に入るとボオクリジェに行く登山が始まる。登っていくと50人は楽々と腰掛けられる大きい一枚岩があり、ボオク里の村と楸子島が見下ろせる。約10分をもっと登るとポレキジェであり、その以後からは425峰を経て赤紫峰、守理峰、クンギルジェを経て樂書祭から降りていけばいい。

樂書祭 → サンシンタンゴル → クンギルジェ → 頂上 → 425峰 → ポレキジェ → ソンチャン里ジェ → 南誾寺 → クロンモクゴル → 樂書祭

この道は赤紫峰を縦走する道だ。まず芙蓉洞の孤山謫居址だった樂書祭が山行の起点だ。樂書祭は孤山の生活空間だったが今は石垣と共に跡地だけがぽつんと残っている。樂書祭のすぐ隣に曲水堂があるが、曲水堂の隣を流れる小川がチャナンゴルだ。ここから本格的な山行が始まる。

チャナンゴルからクンギルジェを登る山道は昼間にも暗いほどにこんもりとした森がトンネルを作っている。約20分間を登るとクンギルジェ頂上が出る。ここで真っ直ぐ行くと禮松里であり、左側に登ると廣大峰である。廣大峰を後ろにして右側に入って守理峰稜線に進入する。約50分間を歩いて守理峰頂上に登ると甫吉島が一望できる。特に南側の海岸が美しい。 周辺にはチョウセンヒメツゲとアカシデが群落を成している。

赤紫峰の稜線から展望が最も目立つ所だ。高さが10m以上になるヌルクパウィ(=麹岩)頂上で見渡す展望は圧巻だ。足下はハスの花が咲く状況だったので孤山が名付けたという芙蓉洞が広がる。本当に美しい風景である。

적자봉에서 바라본 아름다운 풍경
담당
담당자명
Update :
2017.01.02
Conter :
543

TOP