Shortcut to main menu
Shortcut to text

島の中にある楽園

孤山・尹善道園林

尹善道園林は、朝鮮時代の代表的な庭園様式で造成されている。尹善道先生が丙子の乱によって済州に向かっていく途中にこちらの絶景に魅了されて足を止めるようになり、『漁父四時詞』 などの珠玉のような漢詩がこちらで創作された。

孤山は甫吉島の山勢が蓮の花が咲く姿と似ているので芙蓉洞と名付けた。

彼は島の主峰である格紫峰の下に樂書祭を建てて居場所を設けた。小さい3軒の瓦屋を東側と西側、そして中央に建ててそこで起居した。彼は、85歳に樂書祭で一生を終えるまで甫吉島の所々に洗然亭、無悶堂、曲水堂、靜成庵など合わせて25軒の建物と亭を建てて自分だけの楽園である芙蓉洞庭園を作った。

  • 낙서재 전경 樂書祭
  • 곡수당 전경 曲水堂

芙蓉洞庭園は、孤山が直接に造成した生活空間であり、遊び空間として朝鮮時代の代表的な別墅庭園に該当する。楼亭が楼閣と亭を併せて指す言葉なら、別墅は農場や野原がある付近の静かな場所に建てた家を指す。孤山の「漁父四時詞」はこのような別墅を背景に創作された。

今日まで残っている芙蓉洞庭園は、大きく3つの区域に分けられる。泊まりながら生活する家である樂書祭の周辺とその向こうの山の中腹にある休息空間である洞天石室の周辺、そして芙蓉洞の入口にある遊び空間である洗然亭の周辺だ。このように尹善道は党争で騒がしい世の中と離れた自分だけの楽園で思いきって風流を享受した。ここで彼は自然と共に生きていく漁夫の素朴な生活を創意的に描いている。

洞天石

莞島へのアクセス

該当ボタンをクリックすると詳しい情報が確認できます。

사진갤러리

  • 세연정
  • 세연정
  • 세연정
  • 보길도 윤선도 원림

사진더보기

位置及び周辺情報

165, Buyong-gil Bogil-myeon, Wando-gun, Jeollanam-do

>
담당
담당자명
Update :
2016.12.29
Conter :
1,335

TOP